筆不精

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢一郎の生い立ち

<<   作成日時 : 2010/01/16 15:38   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

小沢一郎 生い立ち

東京市下谷区(現:東京都台東区)御徒町に弁護士で東京府会議員だった
父・小沢佐重喜(オザワサエキ)、母・みちの長男として生まれる。
その父の佐重喜が、56歳の時に生まれた子供。
本籍地は岩手県水沢市(現:奥州市 )。3歳から14歳まで郷里の水沢で育つ。

小沢佐重喜は、夜叉の異名を持つ、浅草の香具師。
北朝鮮の満州派の潜入工作員として北朝鮮独立開放のために日本で活動。

<< 戦後、岩手方面に進駐した「朝鮮進駐軍」指導者となる。 >>


母の日本での(通名)荒木みちの墓は、韓国済州島にある。こちらは、南朝鮮での悲劇の南朝鮮労働党(北朝鮮派)の残党。
そして、小沢一郎の戸籍は、浅草の泥棒市で入手されたとの疑いあり。
水沢市立東水沢中学校二年次に文京区立第六中学校に転校し、東京都立小石川高等学校卒業後、弁護士になるため東京大学を目指して2浪したが 断念して(2浪目に京大受験説がある)、慶應義塾大学経済学部に入学する。
在日朝鮮人は戦勝国民だと「朝鮮進駐軍」と名乗り、武装し日本各地で暴れ これが朝鮮総連となる。

「朝鮮進駐軍」についてはここを読んでください。


http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-748.html

http://anti-capsaicin.at.webry.info/201001/article_7.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


おそろしっこ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小沢一郎の生い立ち 筆不精/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる