筆不精

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKの大越キャスターとBBC

<<   作成日時 : 2015/03/30 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「大越さんは、NHK政治部の記者としてはリベラルな人。普段は立場をわきまえて言いませんが、仲間内で飲んでいるときには、『こんな政権はさっさと潰れたほうがいい』と公言するほどです。
政治的に右か左かという以前に、報道機関として政権に批判的な意見も公平に流さなければならないという、ジャーナリストの矜恃がある。よくイギリスのことを引き合いに出して、『BBCは公共放送でも政権にきちんとモノ申す。NHKも政権の犬になったらおしまいだ』と語っています」

・・・・・・・・・・・どこまで本当か分からんが。NHKは政権の犬じゃなくて、シナ朝鮮の犬じゃないのか。
あと、安倍総理は公邸に住んでないんやろ?公邸でテレビを見て、大越キャスターを見て舌打ちするなんてことがあるのかね?

あっ、週刊現代か。(察し)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42660?page=2


大越さんの好きなBBC(笑)
http://www.newsweekjapan.jp/joyce/2012/10/post-60.php


あの、メディアに限らずなんでもそうだと思うが、「完璧」ってありませんよね。
BBCはゲイを優遇しすぎ。か。なるほど。

政府を批判するにしても、意味のある批判。いい方向に持っていくための批判ならいいのだがね。

大越さんはただ文句が言いたいだけに見えるときがある。

この前やってた、選挙制度の特集は割といいと思うがね。珍しく。
http://cgi2.nhk.or.jp/nw9/pickup/index.cgi?date=150319_1




2015年3月19日(木)放送
“政治改革25年”いま大越健介が問う

いま、選挙権が得られる年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる法案の審議が、始まろうとしています。しかしその一方で、政治に対する国民の関心が低いのが現状です。

その原因の1つに、選挙制度、現在の「小選挙区比例代表並立制」を指摘する声もあります。

この制度が導入されたのは、およそ20年前。

政治改革の議論が熱く盛り上がり、その大きなテーマが選挙制度でした。当時、何が議論されたのか。政治はどう変わったのか?大越キャスターが問います。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHKの大越キャスターとBBC 筆不精/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる